パーソナルトレーニングジムがお伝えするダイエットの重要なポイント!

ダイエット

今回のテーマは「ダイエットの重要なポイント」です。

このコロナ渦で、外出を控え太ってしまった「コロナ太り」よく聞きましたよね。少しずつ落ち着いてきたとはいえ、未だにコロナ太りを引きずっている方も多いのではないでしょうか?

普段よりも動く時間が減ってしまい更に食事量も増えるとジワジワと皮下脂肪が蓄積されるのはわかりますよね・・・

そんな方へ!今回はここは押さえておいてほしいというダイエットの重要なポイントをお伝えしていきます。

パーソナルトレーニングジムが解説!どうすれば効率よくダイエットできる?

まずは、ここでダイエット理論を皆さんに知っていただくために簡単に整理していきましょう。

カロリー制限ダイエットとは?

これは皆さんもなんとなく分かってらっしゃると思いますが、いわゆるカロリーを抑える食事法です。

当たり前のことですが、これは大前提としてダイエットに重要な要素です。しかし、分かってはいるけどなかなか実践できていない方が多いのも事実です。

食べ過ぎてる(摂取大)のに、ゴロゴロしてたら(消費なし)太る。当たり前ですよね。

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

消費カロリー<摂取カロリー=太る

しかし、この理論は巷でよく言われることですが、実際どうなんでしょう?

間違ってはいないけど、この理屈でダイエットをスタートするとよほどモチベーションを高め続ける強靭なメンタルをお持ちの方以外はリバウンドするのではないでしょうか。

なぜかと言えば、落としたカロリーを元に戻せば体重体脂肪も元に戻るから。

当たり前のことなんだけど、これが見てみぬふりをして一時的にモチベーション高まった時だけやってしまうとせっかく落ちた体重がまた戻るというもったいないことが起きてしまいます。

それに何度も増減を繰り返していくうちに代謝も下がり、ホルモンバランスも崩れ段々と痩せにくい身体になってしまいます。

カロリー制限するなら、ホメオスタシスというホルモンの事を考えながら上手くやっていかなければいけません。

パーソナルトレーニングジムがお伝えするリバウンドしにくいダイエット方法は?

では、どうすればいいか?

それは「カロリーを下げずに、今より皮下脂肪を落とすやり方を実行すること」です。

カロリーを落とさずに?そんなことできるの?と思われると思いますが、できます。

それが、皆さんご存知の「タンパク質」を積極的に摂ることです。

タンパク質がダイエットに必要なことは知っているという方も多いですが、なんでタンパク質の摂取量を増やすと痩せやすくなるか説明できる方は少ないかと思います。

タンパク質の摂取がダイエットの近道になる理由

タンパク質

人のエネルギー=カロリーになるのは皆さんご存知「3大栄養素」

  1. 炭水化物(糖質)
  2. 油(脂質)
  3. タンパク質

に分類されています。

では、3大栄養素各々の1g辺りのカロリーを見てみましょう。

炭水化物=4kcal/ g

脂質=9kcal/g

タンパク質=4kcal/g

油である脂質が群を抜いてカロリーが高いですね!そして炭水化物とタンパク質よく見たらカロリー同じじゃないですか?

よく糖質制限で糖質を抑える代わりにタンパク質をたくさん摂りましょうと言われますが、カロリーが同じなのでカロリーを減らすことなく痩せることができるからなんです。

糖質を控えタンパク質を増やすことで、血糖値スパイク(血糖値の過剰な上がり下がり)を抑えてくれるので、糖質制限のメリットの部分を活かせば非常にダイエットに有効的になります。

しかし、ガッツリ行う糖質制限ダイエットは短期で見れば落ちますが、

  • 維持がしにくくリバウンドしやすい
  • 耐糖能以上が起き、糖への過剰反応に繋がる
  • 甲状腺の機能が低下する

このようなデメリットの部分も大きいので、痩せる為にむやみやたらに糖質制限をせずトレーナーと相談したうえで目的や自分のダイエットへの取り組みを考えて行うのがオススメです。

パーソナルトレーニングジムがお伝えするDIT(食事誘発性熱産生)というダイエットの味方

皆さん、ダイエットを目指す人は「基礎代謝を上げたい!」って思ってますよね?

だから、基礎代謝を上げる源でもある筋肉を増やすために筋トレを行う!

それはもちろん効果的ですし重要なことなのですが、代謝を上げるには別の方法もあります。

一日3回食べると仮定して月で90回、1年で1080回にもなる食事をダイエットに味方につけない手はありません。

前置きが長くなりましたが、ここで味方につけるべきなのが「DIT(食事誘発性熱産生)」と言われる身体の仕組みです。

なんか難しい言葉が出てきましたが、簡単に言うと「食事を消化、吸収する過程で消費するエネルギー」のことです。

DIT(食誘発性熱産生)の栄養素別の消費率

DITの比率・・・

炭水化物=4%

脂質=1%

タンパク質=30%

これがどういうことかというと、

炭水化物を100Kcal分食べたとしたら、吸収されるのは96kal

脂質を100kcal分食べたとしたら、吸収されるのは99kcal

タンパク質を100kcal分食べたとしたら、吸収されるのは70kcal

こういうことです。消化の過程で熱を発しエネルギーを消費するということ。

ですから、ダイエット時にたんぱく質をたくさん取ることは、カロリーはたくさん入ってきているんだけど、消費が多いから太りにくい。

これは、筋肉を動かしてエネルギーを消費するのと一緒です。内臓を使ってエネルギーを消費しているんです。

この結果、たくさん食べて動いて消費しているのと同じこと。が起きます。

ただ、タンパク質は消化に力がいりますので、胃腸が弱い方は注意!
何でもかんでも、体重×1gとか2gとか取ればいいというわけではありません。

年齢、性別、体質で消化力は違います。

その人の消化力を見て食事内容を考えることがダイエットをするうえで最重要になってきます。

今すぐお問合せしてトライアルコースへ!
初回限定お得なコースをご用意しております。

7,000円で食事指導から運動までサポートいたします。痩せたい。腰が痛い。食事改善したい。トータルサポートいたします。運動メインで行いたい方は5,000円のプランもご用意しております。ぜひお問合せください。

お申込みはこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。